カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
防草シート等固定材 防草・植栽シート ヒメイワダレ草 玄米保冷庫・プレハブ冷蔵庫 害獣対策材
TOPページへもどる 中島機械 会社概要 有限会社アステム エンゼルランドSS

カニ殻を原材料とした植物活性剤「キトサンA-21(1L)」

 カニ殻を原材料とした植物活性剤
 キトサンA-21

カニ殻から抽出したキトサンを農業用に使いやすく水溶性化した植物活性剤です。

 特長

カニ殻からたんぱく質とカルシウムを除いたものがキチンであり、それを更に生成したものがキトサンです。キトサンA-21は、キトサンを農業用に使い易く、水溶液化した天然素材の高密度植物活性剤です。植物の体質強化と生育促進をサポートします。


 価格・注文方法・お支払方法

商 品 名 キトサンA-21
製造販売元  製造元 : 株式会社寿バイオ
販売価格 1L 3,500円(税別)
送   料 10,000円(税別)以上で送料無料
※ 沖縄、離島その他一部地域の方には別途送料を頂きますのでご了承ください
出荷条件 ご注文日の翌日出荷とさせていただきます。
※土曜日と日祝日は出荷できません。 
※在庫状況によって、お待ち頂くこともありますので、ご了承ください。
注文方法 インターネット ⇒ 下のショッピングカートをご利用ください
電話 0776-72-1177(月~土 9時~17時 ※祝日は除きます)
FAX 0776-72-1482
お支払方法 銀行振込(事前振込)、クレジットカード代引き
※10,000円(税別)以上で代引き手数料無料
 

カニ殻を原材料とした植物活性剤「キトサンA-21(1L)」

価格:

3,850円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

 
 「キトサンA-21」の内容

原材料 鳥取県境港市で水揚げされたズワイガニのカニ殻
生成方法
  • カニ殻から炭酸カルシウム、たんぱく質、カルシウム、色素などをとり除いたものがキチンです。更にキチンからアセチル基を外して、抽出精製したものがキトサンです。
  • キトサンA21は、キトサンに酸を加え農業用に使い易いよう水溶液化したものです。但し、本商品は中性にPH調整してあります。

  「キトサンA-21」が植物を活性化させるしくみ
  • キトサンA-21を土壌潅水すると、キトサンA-21をエサに放線菌が増殖します。このことにより、病原菌が少な線虫も住みづらい、植物にとって健全な土壌になります。 また、キトサンA-21は根から吸収され、まず根が活性化し健全な土壌環境と相まって根張りが良くなり、土壌中の養分吸収が促進されます。また植物体内の酵素を活性化させ、活力、生育促進、収量、品質、食味も向上します。
  • 次にキトサンA-21を葉面散布した場合の効果のしくみについて述べます。 キチンからできているキトサンA-21を植物に散布すると、植物は、病原菌や昆虫が接触してきたと勘違いし、キチナーゼを分泌し、活力の向上と生育促進に効果を発揮するようになります。

  「キトサンA-21」の効果
  • 植物の活力の向上土壌微生物の善玉菌(放線菌等)が増殖させ、植物にとって健全な土壌にする。
  • 根張りを良くし、植物体内の酵素を活性化させ、病虫害に強い体質にするとともに、生育、収量、品質を向上させる。

   <お客様からの報告をまとめました>

ほうれん草 色つやが良くなり(葉緑素のアップ)と食味0が良くなった(シュウ酸値の減 少がエグミのない味になる)。また、肉厚になり 収量が増加し、更に収穫時に根に泥がつかなくなり(土の団粒化)、収穫も楽になった。
アスパラ 収量が、平年の1.5倍以上増収した。
イチゴ 糖度が乗るのが早くなり、秀品率がアップし収量が良くなった。
メロン 秀品率と糖度が格段にアップした。
里芋 平年の2倍以上収穫でき、味も今まで出一番美味しかった。
リンゴ 玉太りが良くなり、樹勢が良くなった。
花の苗  色つやが良くなり、節間の短い、しっかりとした苗が出来るようになった。
松の木  松の木が弱って来たので、土壌灌水と葉面散布を行ったら元気が良くなった。

  「キトサンA-21」の基本的な使用方法

 ■  種、種芋から育苗まで
イ.種や種芋を 300~500倍液に浸漬後、風乾させる。

● 豆類 : 10秒間
● 種芋 : 30分間
● 根菜、葉菜、果菜、花等の種 : 10~20分間
● 種籾(発芽前) : 24~48時間

ロ.苗を 300~500倍液に、3~10秒位漬ける
ハ.播種時や育苗中に 3,000倍液を数回散布する。

 ■  播種及び定植後
定植から収穫まで 3,000~10,000倍液を、3~4回葉面散布する
(10a 当たり 3,000倍液で200リットル 5,000倍液で300リットル 10,000倍液で600リットル)

 ■  病中害予防及び発生時
1,000倍液を10a当たり 200リットル 3~10日おきに葉面散布する

 ■  土壌障害発生時の灌注
300~500倍液を1株当たり1リットル以上、病株付近に灌注

 <注意事項>
キトサン21は、単独使用が好ましいですが、農薬と混合しても構いません。但しアルカリ度の強い農薬との混合は避けて下さい。有毒ガスが発生する恐れがあります。また原液どうしでは混ぜないで下さい。凝固する恐れがあります。


< お問い合わせ>・・・・下記の方法で承っております。
 メール  info@nakajima-kikai.com
FAX  印刷してご利用ください  FAX 0776-72-1482
電 話      0776-72-1177 (月~土 9時~17時 ※祝日は除きます)   

ページトップへ